高脂血症の予防方法

高脂血症は代謝の異常が原因で発症し、血中のコレステロール値が高くなります。コレステロール値が高くなると動脈硬化を引き起こし、狭心症や心筋梗塞を発症するリスクが高くなります。高脂血症を予防するには、食生活と生活習慣を改善することが必要になります。
肥満の人は高脂血症になりやすいため、高脂血症を予防するには食べ過ぎに注意することが必要です。運動不足も肥満の原因になりますので、ウォーキングなどの軽い運動を毎日続けることも予防につながります。よって、食べ過ぎに注意して適度な運動を続けることが高脂血症の予防法になります。
肉の脂身などの動物性脂肪には飽和脂肪酸が含有されており、飽和脂肪酸はコレステロール値を上げる働きがあります。鶏卵や魚卵も食べすぎるとコレステロール値が上昇しますので、大量に食べないように注意します。ただし、肉や卵などは人間が生きていくうえで必要なタンパク質が豊富に含まれていますので、適度な摂取は健康を維持することにつながります。肉や卵の食べ過ぎは禁物ですが、日頃からバランスの取れた食事をすることが大切です。
お酒も飲み過ぎると血中の中性脂肪値が上昇するため、お酒の飲み過ぎにも注意することが必要です。喫煙も血中のコレステロール値と中性脂肪値の上昇の原因になるため、高脂血症を予防するためには、禁煙をすることが望ましいです。ストレスを溜めることもコレステロール値の上昇の原因になるので、ストレスを溜めないように注意します。
遺伝的要因で高脂血症を発症する場合があり、親が高脂血症の場合は子供にも遺伝することがあります。よって、親がコレステロール値が高い場合は、普段からの食生活には特に気をつけることが必要です。食生活を改善することによって、遺伝的要因であっても予防することができます。
食事療法は個人でするのは難しいのですが、医師に相談すると食事療法の指導をしてもらえます。健康診断でコレステロール値が高いと診断された時には、内科などの病院に行って、医師に食事療法の指導を受けることが望ましいです。