高脂血症の自覚症状と放置する危険性

高脂血症は最近では脂質異常症と言われている、血中のLDLコレステロールや中性脂肪が多くなり、HDLコレステロールが少なくなる病気で、放置しておくと血液がドロドロになり、血管の動脈硬化が進んでいき、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を引き起こされる可能性があります。脂質異常症のほとんどは自覚症状が無く、健康診断などで指摘されて初めて気付くことも多く、指摘されても自覚症状が無いため、重大なことという認識もなく、放っておかれることも多いのです。そして、心筋梗塞などの病気を発症して初めて治療をすれば良かったと後悔することもあるものなのです。遺伝によって起こる家族性高コレステロール血症では黄色腫というコレステロールの塊がひじやひざなどに出来ることがあります。高脂血症の怖さは動脈硬化を引き起こすことにあります。血液中にコレステロールが増えすぎると血管壁に入り込んで、こぶを作り、それが血管の中を狭くすることで血液の流れが悪くなるのです。これが心臓で起こると心臓に十分な酸素と栄養が行かなくなるため、狭心症なども引き起こされます。さらに、血管壁で作られたこぶが大きくなり剥がれ落ちることで血栓となり、血液循環に乗って様々な部位で血管を詰まらせることになるのです。この血栓が心臓で詰まれば心筋梗塞、脳で詰まれば脳梗塞ということです。最悪の場合、命を落とすこともあります。また、中性脂肪が多いことで、脂質を分解する消化酵素を分泌している膵臓に影響を及ぼし、急性膵炎を起こすこともあります。急性膵炎は脂質分解酵素の過剰分泌で膵臓自体が消化されてしまいます。これらのように、高脂血症自体は脂質の異常ということでそれ自体には怖い症状はありませんが、治療をせずに放置することで、重大な病気になる可能性があるということが問題なのです。そこで健診で高脂血症を指摘された際には放置せずに内服治療や食事指導を受けるなどして対策をする必要があるのです。