高脂血症の改善にはサプリと食事の併用がおすすめ

高脂血症は別名脂質異常症とも言われ、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなってしまう、または善玉コレステロールが少なくなってしまう病気のことを指します。自覚症状はほとんどないため、健康診断などで受けた血液検査の結果初めて判明することも多いようです。しかし高脂血症は動脈硬化の原因の一つとなり、他にも心筋梗塞や脳卒中などの病気に繋がる恐れもあるため、放っておくことは厳禁で、この病気が判明したら注意する必要があります。高脂血症になる主な原因としては、肉類や油物中心の食生活を送ることや暴飲暴食、過度なアルコールの摂取や喫煙などが挙げられます。元来、日本人は野菜や魚などを中心とした和食を食べて生活をしてきました。しかし、食生活の欧米化が進んだ結果、高脂血症を発症する人が増えてきました。またストレスなどにより過度な飲酒をしてしまったり、喫煙、暴飲暴食をしてしまう人も多いため、高脂血症は現代病の一つであると言われています。そんな高脂血症を改善するためには、サプリと食事を併用することがおすすめです。まず、高脂血症を改善しつつ予防するためには、日頃から栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。例えば、納豆やわかめ、きのこなどは水溶性食物繊維を豊富に含むため、体内のコレステロール値の排泄を促します。また、緑黄色野菜などに含まれるビタミンAやE、バナナなどに含まれるポリフェノールは悪玉コレステロールの増加を防ぐため、普段の食事に積極的に取り入れることがおすすめです。そして同時に中性脂肪やコレステロールを減らす作用のあるサプリを摂取することで更なる改善が見込まれます。おすすめはDHAやEPAが含まれたサプリです。サプリは食事だけでは十分にとれない栄養素を摂取することができ、また手軽に飲むことができることがメリットです。日常的に食事とサプリメントの摂取を意識することで、高脂血症を改善させましょう。